ここから本文です

購入用会員ログイン
購入用会員ログイン マイページへログインマイページへログイン


(通話料無料・携帯可)

健康管理士 小野寺 諭

健康管理士
小野寺 諭

管理食養士 小野寺 由実

食アドバイザー
小野寺 由実

玄米酵素とハイゲンキの全国対応通信販売。正規販売店 認証第1号(有)健美

全国販売店希望者

フリーダイヤル:0120-93-6361

受付時間 平日9:00〜18:00/土曜10:00〜16:00
(日曜、祝日、第2・第4土曜 定休)
Mail:info@genmaikouso.com

FAX注文用紙FAX(24時間受付):0120-93-6367

レシピのご紹介 - 由実のエコロクッキング

 

※ID・パスワードが必要です。ご不明な点は電話またはメールでお問合せ下さい。
メールお問合せはこちら


担当:佐藤(通話料無料・携帯OK)
玄米酵素ハイゲンキ(有)健美電話番号0120−93−6361

メールでのお問い合わせはこちら

パスワード忘れの方はこちら

購入用会員ログイン
フリーダイヤル0120-93-6361
メールでのお問い合わせはこちら
パスワードリマインダ
 


<<メニュー目次に戻る

  夏野菜たっぷりのレシピ

夏野菜の味噌煮


<材料>
かぼちゃ …400g
茄子 …大3本
ピーマン …6個
きゅうり …2本
トマト …2個
みょうが …6個
赤唐辛子 …1本
インゲン …6本
玉ねぎ …大1個
自然酒 …大さじ5
味噌 …大さじ4
ごま油 …大さじ3
昆布 …10p
だし汁 …3と1/2カップ

【A】
 ごまペースト…大さじ1
 醤油 …大さじ2
 みりん …大さじ2
(元氣糖 …大さじ1)

<作り方>

  1. かぼちゃは一口大に切り面取りする。茄子は縦半分に切り斜め半分に切る。きゅうりは縦2つに切ってから3〜4つに切る。 ピーマンとみょうがは縦2つにする。トマトは6等分にする。インゲンは2〜3つに切る。玉ねぎは6等分にする。
  2. 鍋にごま油大さじ1と1/2を入れ、茄子を炒めて取り出す。ごま油1と1/2を鍋に足して玉ねぎを炒めきゅうりとかぼちゃ、ピーマン、インゲンを炒め合わせる。
  3. 茄子を「2」に戻しいれ、みょうがと赤唐辛子を加えてだし汁と酒と昆布を加え、煮立ったら調味料【A】を加え、5分ほど煮る。
  4. 最後に味噌を溶きいれ2〜3分煮てから最後にトマトを加えて一煮する。

☆ 暑い日に是非お試しいただきたい夏野菜たっぷりのレシピです ☆

夏野菜、なんでもいいから入れてみてください。
夏野菜は体を冷やします。
生で夏野菜ばかり食べているとどんどん体は冷えていきます。とくに現代は冷房の中にいることが多く、汗をかくくらい暑い中にいることがあまりありません。
そこで、陰性夏野菜を陽性に傾けたお料理をご紹介いたしました。
発酵食品のみそやしょうゆを上手に使って、夏野菜をおいしく頂きましょう。


 

◆ よくあるご質問Q&A・・◆


☆ 玄米酵素オススメ商品のご紹介 ☆

玄米ファイン 大麦若葉入
玄米と胚芽・表皮を麹菌で発酵させ、オリゴ糖、大麦若葉、カルシウムを加えた玄米発酵食品です。
甘味があって食べやすく、食物繊維も豊富です。
お子さまにおススメ!!


 

古代米ごはん


<材料>
3分揚き米…3カップ
古代米 …大さじ2
雑穀 …大さじ2
水 …3と1/3
自然塩 …小さじ1
ごま塩 …大さじ3

<作り方>

  1. 米と古代米をとぎサルにあげる。
  2. 分量の水と雑穀を1と合わせ塩を入れて炊く。
  3. 出来あがったご飯にごま塩をふりかける。

【黒ごま塩の作り方】

  1. 塩を厚手の鍋で焦がさないようによく炒り、すり鉢でていねいに細かくする。
  2. 洗いごま(黒)は、これも焦がさないように中火でよく炒り、1の中に入れて静かに丁寧にする。ゴマから出た油で塩を包み込むようにそっとする。細かくサラサラに仕上げる。

 
 
 

玄米酵素&ハイゲンキ(有)健美
TEL(0120)93-6361 FAX(0120)93-6367
Mail: info@genmaikouso.com


Shop Information ▼

NP後払い NP後払い
 
ページトップへ