ここから本文です

購入用会員ログイン
購入用会員ログイン マイページへログインマイページへログイン


(通話料無料・携帯可)

健康管理士 小野寺 諭

健康管理士
小野寺 諭

管理食養士 小野寺 由実

食アドバイザー
小野寺 由実

玄米酵素とハイゲンキの全国対応通信販売。正規販売店 認証第1号(有)健美

全国販売店希望者

フリーダイヤル:0120-93-6361

受付時間 平日9:00〜18:00/土曜10:00〜16:00
(日曜、祝日、第2・第4土曜 定休)
Mail:info@genmaikouso.com

FAX注文用紙FAX(24時間受付):0120-93-6367

玄米酵素の栄養

ハイ・ゲンキに含まれる栄養


 

そのままでも栄養のかたまりと言われる玄米ですが、発酵させることによってビタミン、ミネラル、酵素などの大切な栄養素が格段に増えます。
では、実際にどんなものがあるのでしょうか。玄米酵素の主な栄養素をご紹介しましょう。
(文中の玄米酵素における含有量は、玄米酵素レギュラータイプをもとにしています)

 【参考文献】
 「五訂食品成分表」(女子栄養大学出版部)

 ■ビタミンB1

 ■ビタミンB2

 ■ビタミンB6

 ■ビタミンE

 ■食物繊維

 ■フィチン酸

ここでは、「玄米酵素」や「ハイ・ゲンキ」に含まれる主な栄養素についてご紹介いたします。

水溶性ビタミンの一種であるビタミンB1は、糖質からのエネルギー産生と、健康に保つための働きをする栄養素です。
また糖質をエネルギー源として、正常な働きを助けるものです。

ビタミンB2は、健康維持、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに代える代謝を促進する栄養素です。
ビタミンB6は、食品中のたんぱく質からエネルギーを産生し、身体をつくるときに必要な栄養素です。
ビタミンEは、体内の脂質の酸化を防ぐの作用がある栄養素です。
また食物繊維には、排便を促し、体内環境を整えるために必要な栄養素です。

フィチン酸というのは、別名「イノシトール6リン酸(IP6)」とも言われ玄米や米ぬかに多く含まれています。

白米や玄米と玄米酵素の栄養素を比較することで、玄米酵素が健康をサポートしてくれる理由がわかると思います。

 

玄米VS白米VSハイゲンキの栄養比較


 
玄米酵素ハイゲンキと白米と玄米の栄養比較

ハイ・ゲンキスピルリナ入の栄養図

白米にハイ・ゲンキ(スピルリナ)を加えると、ほとんどの栄養素で玄米を上回っています。
(玄米と白米は「飯(炊いたご飯)」で比較、成分量は「5訂食品成分表」を参照しました。)

 
 
 

玄米酵素&ハイゲンキ(有)健美
TEL(0120)93-6361 FAX(0120)93-6367
Mail: info@genmaikouso.com


Shop Information ▼

NP後払い NP後払い
 

安心安全

登録サイト

所在地

有限会社 健美
〒023-1131 岩手県奥州市江刺区愛宕谷地9-1
TEL:0197-34-4164 FAX:0197-35-5461
代表:小野寺諭
店長:小野寺由実
Email:info@genmaikouso.com

このサイトは、スマートフォンにも対応しています。
ページトップへ