ここから本文です

購入用会員ログイン
購入用会員ログイン マイページへログインマイページへログイン


(通話料無料・携帯可)

健康管理士 小野寺 諭

健康管理士
小野寺 諭

管理食養士 小野寺 由実

食アドバイザー
小野寺 由実

玄米酵素とハイゲンキの全国対応通信販売。正規販売店 認証第1号(有)健美

全国販売店希望者

フリーダイヤル:0120-93-6361

受付時間 平日9:00〜18:00/土曜10:00〜16:00
(日曜、祝日、第2・第4土曜 定休)
Mail:info@genmaikouso.com

FAX注文用紙FAX(24時間受付):0120-93-6367

玄米酵素・ハイゲンキと玄米について

 

玄米の歴史



玄米は自然から与えられた“宝物”である
玄米は太古の“スーパーフード”
 大陸から日本にイネが伝来したのは、今からおよそ二千数百年前のこと。それまでの人々の食生活は、木の実を主食として、貝や魚などをおかずにしていた。生きるための食べ物を探し、手に入れることに、毎日苦労していたと思われる。
 ところがイネは、種籾を蒔いて水をやれば、花を咲かせて実をつける。しかもその実は、うまく管理すれば何年も保存が可能。当時の人々にとってイネはまさに“スーパーフード”だったわけである。
 そのころの王や王族たちが、たくさん存在した「くに」をまとめおさめることができたのは、軍事力や宗教力によるものではない。多くの人がかかわることで、多くの食料をつくり出せる「稲作」があったからこそ、人々をとりまとめることができたのであろう。
 こうして玄米は、何千年もの時代を越えて、人々の生活を支え続けてきた。特に中国や日本においては、玄米は自然から与えられた贈り物として、収穫した時そのままの姿で大切に食していたのである。
 昔の人は栄養学の知識はなかったが、玄米食が栄養学的にも優れていることを経験的に知っていた。
 日本においては、玄米は神様からの贈り物、尊い食べ物であると考えられ、米の豊作を願い、神様に祈りを捧げていた。
 日本人は大昔から玄米を食べ続けてきたわけだが、おかずはごく少量で玄米だけで生活していたといっても過言ではない。
 ところが時代が流れて徳川の世となり、江戸を中心した政治によって平和が訪れると、生活が少しずつ贅沢に“豪華”になり、食生活においてもより美味しいものを求めるようになっていったのである。
 玄米を精白して食べるようになったのは、江戸時代初期のころからであり、慶安年間(1648〜1652年)に江戸城の大奥で最初に食されたと言われている。最初に白米を口にしたのは、おそらく、身分の高い女性であったことだろう。白米は当時「姫米」と呼ばれていたそうだ。
 白米は、大奥から裕福な層へ、そして庶民へと少しずつ広がっていった。米を碾くのは身分の低い者の仕事であったため、多くの人に伝わりやすく、江戸中に浸透していったと考えられている。
 白米を食することが日常となった頃、江戸の人々を苦しめたのが「脚気」である。脚気はビタミンB1が欠乏することによって生じる。

 

明治末期における玄米食復活の動き



時を経て明治時代になってからは、軍隊で脚気が蔓延し、大問題となる。
当時はドイツ医学における細菌説と、イギリス医学における栄養学説が存在した。日本ではドイツ医学を取り入れていたので、陸軍軍医総監の森林太郎(森鴎外)は細菌説を主張。この誤解のために、多くの死者を出してしまう。
 明治末期になると、軍医の石塚左玄が、白米食の見直し、玄米食の復活を提唱する。この意見に賛同する専門家も多く現れ、桜沢如一先生(食養指導家、思想家。日本CI協会創始者)、西勝造先生(医師。1927年、「医学の革命」として西式健康法を提唱)、二木謙三先生(医学博士、東京大学教授)らが中核となり、玄米食運動を展開していった。中でも桜沢如一先生の活動は精力的で、玄米食の普及に止まらず、東洋哲学を基幹とした思想運動にまで高めていく。著書の「マクロビオティック」は、海外において爆発的な販売部数を記録。現代における、海外での正食運動の発展は、桜沢如一先生の思想をバックボーンとしているのだ。
 桜沢如一先生の門下生たちも活動を広めている。また、アメリカ東部のボストンでは、久司道夫氏が、その国・その土地にふさわしい玄米食、正しい食生活の普及に取り組んでいる。このように、近代から現代にかけての玄米食にまつわる歴史は、桜沢如一先生抜きでは考えられないのである。

 

玄米(米糠)のパワーとは



玄米にあり、白米にないものは?
米、麦、粟、稗、黍、とうもろこし、さとうきび、竹、笹など、イネ科の植物に多くの種類があるが、中でも玄米は、作物としては「稲」、食材としては「米」、メニューとしては「ご飯」と、呼び方が細かく分けられていることからも、日本人の生活にもっとも浸透し、大切にされていることがわかる。
 日本人は玄米を主食としてきた。おかずは、ほとんどない。玄米は、ビタミンB1、B2、B6、E,K、パントテン酸、イノシトール、ミネラル、リノール酸やリノレン酸、食物繊維、酵素など栄養素を豊富に含んだ「完全食」なので、それだけで充分だったのだ。
これらの栄養素のうち66パーセントが胚芽に、29パーセントが表皮に存在する。つまり「糠」にほとんどの栄養素が含まれており、それを取り除いた白米には5パーセントしか残らない。白米という2文字を偏と旁に並べると「粕」になる。一方「糠」という文字を偏と旁に分解してみると「健康な米」になる。

 

玄米(米糠)に含まれる成分



イノシトール
フィチン
フィチン酸
ギャバ(GABA)
アラビキノシラン
フェルラ酸
γ−オリザノール
トコトリエノール
ハイドロキシ酸

 
 
 

玄米酵素&ハイゲンキ(有)健美
TEL(0120)93-6361 FAX(0120)93-6367
Mail: info@genmaikouso.com


Shop Information ▼

NP後払い NP後払い
 

安心安全

登録サイト

所在地

有限会社 健美
〒023-1131 岩手県奥州市江刺区愛宕谷地9-1
TEL:0197-34-4164 FAX:0197-35-5461
代表:小野寺諭
店長:小野寺由実
Email:info@genmaikouso.com

このサイトは、スマートフォンにも対応しています。
ページトップへ